消費者金融業のキャッシングには総量規制がある

お金を人に借りると、借りる相手には何の利益もありませんから気を使いますが、企業にお金を借りると利息が儲かりますから、企業は大喜びでお金を貸してくれます。キャッシングの企業は、出来る限り借りたい人にお金を貸し出す方が儲かるというシステムで事業が成り立っています。

でも、誰にでも公平なくお金を貸したいところですが、誰にでも貸して、返済が無く、利息も取れない人には貸せないのが企業であります。そこで「割合に誰にでも貸してくれそうな企業」を言い換えると「審査が厳しくない企業」とも言えるでしょう。

それは消費者金融業です。消費者金融業は、キャッシング事業として古くから存在していました。それでお金を貸すことを目的として本当に誰にでも貸していた時期もあったのです。しかしそんな事をしていては、バブルが弾けた時期には、貸し倒れが起きたり、返済できずに破産者が続出したりして、大変な金融トラブルが多数起きた時期もあったのです。

そんな時期を乗り越えて、賃金業法が規制を掛けたのです。賃金業者の消費者金融業は、貸し出す客は収入のある人で、年収の3分の1以上の超えた金額を貸してはいけないという内容のものです。これを総量規制と言います。この総量規制は、賃金業者対象のものであり、賃金業者では無い、銀行系カードローンには適応しません。消費者金融業に適応するものなのです。

だから、審査が優しく、厳しくなく借り易いと言われる消費者金融業でも、働いていて安定した収入が無いと、審査に通らない事もあるのです。そして借入額も、年収の3分の1以上を超えた金額を融資して貰えない状態になっています。収入の多い人は多く借入できそうですが、収入が少ない人は少ない借入額しか借りれないのです。総量規制があるから不便になって借り難いと良くないイメージに取れますが、しかし、この総量規制によって、企業に取っても貸し倒れも起きないですし、借りる客にとっても、借りすぎないで全うに返済出来るという利点があるのです。