銀行カードローンでお金を借りる理由について

いつの時代もお金を貸す人、お金を借りる人がいます。それは、普遍的な理由から、その時代特有のものまで多様です。現代社会はクレジットカード全盛の時代です。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が設定されています。

どちらもお金を借りることに変わりはないのですが、ショッピングローンはクレジットカードで購入した商品代金をカード会社が肩代わりし、後払いで代金を支払います。他方、キャッシングローンは現金を借り入れることが出来ます。ショッピング、キャッシングの両ローン共に共通する支払い方法は、一括払いと分割払い、そしてリボルビング払いです。

分割払いは回数にもよりますが金利手数料が発生し、リボルビング払いは初回から金利手数料が発生します。その金利は年利にして通常15%程度です。クレジットカードで買い物をする人が増えた昨今、その支払いをリボルビング払いにする人が増えています。

リボルビング払いの特徴としては、カード利用額が増えるほど返済する金利額が増加するという点です。金利だけで数十万円というお金を返済しなければならなくなる場合もあります。そこで利用されているのが銀行のキャッシングローンです。借入額によって金利は変動しますが、場合によってはクレジットカードのリボルビング払いの金利より低いパーセンテージとなります。

その利点を利用するのです。膨大に膨れ上がったクレジットカードのリボルビング金利を、銀行のキャッシングローンでお金を借りてまとめて返済し、金利が低いキャッシングローンを返済していくという方法です。それは、できるだけ低い金利で借金を返済するために行うテクニックです。このように、現代社会においてお金を借りる理由は、クレジットカードのローンの返済をするためと言えるでしょう。

できるだけ低金利なところでお金を借りて、高金利なローンを一括返済することで、金銭的負担が軽減されるのです。銀行のカードローンでの借り入れは、効率的な借金返済方法なのです。