よくお金を借りる人が持つ特徴

お金を借りる人は、自分勝手なことが多いです。お金は誰にとっても生きるために必要なものです。他の人が一生懸命に働いて貯めたお金を借りるという行動は、他人の生活を考慮していないということでもあります。周囲のことを考えられるならば、相手に申し訳ないという気持ちが優って貸してとお願いすることはできません。

相手が自分より立場が下で、自分が頭を軽く下げれば言うことを聞いてくれると甘く見ている可能性があります。立場が対等である友達であっても、精神的に自分が優位だと勘違いしているので、お金以外でも無謀な要求をしてくることがあります。またお金自体に興味がない場合もあります。

お金を中心に生活していれば、経過的に貯めたり使ったりすることで、お金が不足することはありません。お金に興味がないと収入と支出のバランスを考えないで浪費するので、結果として誰かからお金を借りるしかなくなってしまいます。興味のないお金なので、相手から借りることに対して抵抗もありません。相手の生活費を一時的に奪うことであっても、その人にとっては大したことではからです。

反対にお金を貸してほしいと頼まれると、簡単に貸す傾向もあります。場合によっては借金の連帯保証人になって、責任を負うこともあるので注意が必要です。あまりにもお金に執着するのは人間関係に問題を起こしますが、執着しすぎないのも浪費への罪悪感を薄くしてしまうので周囲が迷惑を被ります。見栄っ張りな人もよくお金を借りています。

プライドが高いと友達と遊びに行くだけでも、高級な洋服やアクセサリーを身につけないと気が済みません。自分はお金に余裕があるといった雰囲気作りのために、収入に見合わない支出を繰り返し、自分が弱さを見せられる人からたくさんのお金を借ります。このタイプは友達が多いことを自慢したがっているので、頻繁に飲み会に参加したり自宅パーティーを開催したりと、お金を使うことが多いです。