他の会社で断られると申込が難しくなる事があるキャッシング

借りる事ができるかどうかは、他の会社における結果に左右される一面があります。他の会社で難しかった場合、ちょっと借りるのは難しくなる事があるのですね。
例えばある会社Aで申し込みをしたとしましょう。もちろんその目的は、お金を借りるためです。

ところでその会社Aに申し込みをする前の段階で、別の会社Bで申込をしていたとします。その場合、B社の状況によってはAで断られてしまう事があるのです。 よく有るパターンとしては、Bで断られていた時です。つまり一度はBで申し込んでいたものの、いわゆる審査落ちになっていた訳ですね。そのB社の結果は、A社に対する申し込みにも大きな影響を及ぼします。つまりA社では、落とされる確率が高まってしまう訳ですね。

ではなぜA社がB社の情報を知ることができるかと申しますと、金融業界の共有というシステムがあるからです。そもそも金融業界の会社のほとんどは、その業界が共有しているシステムを閲覧する事ができます。その閲覧システムでは、他の会社の状況を確認する事ができるのです。つまりB社にて断られたという情報は、その閲覧システムに登録される訳ですね。そしてA社としてはもちろんその情報を簡単に確認できますので、いわゆる審査落ちになってしまう訳です。

では例えば上記のような状況になっていて、既にBにて落とされていた場合はどうすれば良いかと申しますと、数ヶ月ほど待つ方が良いでしょう。その状況でAに申し込んでも、最終的には落とされる確率が極めて高いからです。 しかし数ヶ月ほど経過すると、また話は別なのですね。キャッシングという商品は、再チャレンジはできます。数ヶ月ほど経過した時にもう一度申し込んでみたら、すんなり通っている事例も見られるからです。ですのでどこかの会社で断られた時は、一旦は期間を置く方が良いでしょう。

またそのような状況なので、同時申し込みなども控えておく方が良いですね。基本的には1社に絞り込む方が望ましいと思います。